周りの人とは違う好きなこととともにできる基礎固めの勉強法です

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。

子供2

勉強ができるようになったのは、中学1年生で得意になった科目は数学でした。


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

何時間も勉強しても点数には全く変化がなく、自分の身にもついておらず、毎学期のテストでは平均点数と自分の点数を比較して一喜一憂しているような子供でした。
特に理系科目は鼻から理解できておらず、点数の良い子よりも勉強をしていた時もあったと思うのになぜ自分にはわからず、点数が悪く親に怒られるのだろうと思い悩んでいました。
授業中に問題を解く時間に周りはすらすら解いているのに置いていかれている感覚は辛かったです。

勉強ができるようになったきっかけ

それまでは集団の結構頭の良い子たちが多い塾に行っていましたが、勉強ができるようになった時期の前に塾を辞めたという背景が大きいかと思います。
塾に行っていた時期は、塾の訳のわからない宿題に追われていて、自分で考えて学習するということをしていませんでした。
自分から学ぶことができるようになって自分なりの学習方法を見つけることができたことが影響しています。
塾の自習室ではなく自分には自宅で学習することが向いていたようです。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

学校の先生の話についていけるようになったことが多いです。
テスト前の勉強で何から始めたらいいのかというな迷いがなくな入りました。
塾に行くという無駄な時間のロスもなくなり、自分のやりたいこと、好きなことをする時間が増えてとても楽しくなりました。
一度勉強ができるようになると学年が上がってもすらすらと問題を理解することができるので本当に楽しいと思います。
テンスがみんなよりも高くなって密かに優越感に浸れるのもいいですね。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

まずは勉強が嫌いな人が多いと思いますので、できるところから、基礎固めの問題を何度も何度も解き直すと見えていなかったところが見えてきてムズカいしい問題も解けるようになります。
好きな音楽やアーティスト、アニメなどがあるなら一番最初は聴きながら、見ながらでもいいので勉強をついでにやってみたら楽しくできるのでおすすめです。

現役東大生による最高峰のオンライン個別指導【スタディコーチ】

東大に合格するぞ!と決断したときは気持ちも高揚してなんだかワクワクするものですが、いざ勉強をはじめてみるとまず突き当たるのが「何から手を付けたらいいの?」ということ。

やみくもに勉強を開始しても

・結果が表れてこないと不安になる
・まったく成績があがらない
・気づけば大した結果も出ず1年がすぎる

などになりがち

大学生

せっかく、「めざせ東大!」と決めたものの誰でもはじめの3日はやる気があるのでがむしゃらにでも勉強はできますが、3日、1週間、1ヵ月、と立っていくうちに手ごたえもなく、結果も出ない場合は不安になります。

不安なまま続けても、同じことの繰り返しでどれだけやっても結果がでない・・・気づけば浪人決定。

そんなことになる前に、こちらの現役東大生によるオンライン個別指導【スタディコーチ】が、迷うことなく確実に実力を積み上げたい、そんな慎重派のあなたをオンラインで効率的にサポートします。

>>現役東大生による個別指導はこちら
今、毎月先着25名限定で無料体験可能!!