暗記するものはとにかく書く!算数なども何度も解いたり、とりあえず書きます。

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。

子供3

中学3年(高校受験の勉強をしている時期)


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

そもそも何をどうしたらいいか分からなくて、何がわかってなくて勉強ができないのかがわかりませんでした。
勉強をしているつもりでも、いざテストを受けてみると点数が取れていなかったり、学年での順位が下がっていく時期がありました。
勉強をしているはずなのになんで?という疑問が浮かぶと同時に勉強することを辞めていました。
部活が楽しい時期だったのもあり、テスト期間中は自主練習と言ってほとんど勉強しない時期もありました。

勉強ができるようになったきっかけ

中学3年の夏でそろそろ受験勉強をしなければいけないと思っていた時期に、1学期の終わり頃から数学と英語だけクラスの中で半分に分かれて授業が行われていました。
その時部活の顧問でもあった先生が私の数学のクラスの担当になりました。
その先生は部活の時は本当に怖くて、最悪だと本当に思っていました。
しかし言っていることはいつも的確で、わからないことは聞かなきゃわからないよ!と言われた後わからないことがわからないんでしょ。
と言われて気づくことが出来ました。
その先生に言われてからやり方を教えていただき、勉強がとのしく思えてきました。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

今まではわからないことをわからないと恥ずかしくて言えなくて、友達や先生など周りに聞くことが出来ませんでしたが、素直に聞くことでテストにも反映されて勉強をするってこういうことかと感じました。
テスト結果も学年順位も周りには絶対に言えないと思っていましたが、同じくらいの子に打ち明けてみたら一緒に頑張ろうと競争していました。
最終的には点数も順位も上がり、受験も第一志望校に受かることが出来たので、良かったです。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

今その瞬間は本当に大変で勉強なんかしたくないと思っても、その瞬間はあっという間に過ぎて働き出したらあっという間だったなと本当に思います。
勉強が全てではないと私は思うので、趣味などで息抜きしながら勉強をした方がいいと思います。
自分の勉強法を見つけてみたら意外とすんなりいくかもしれません。
頑張ってください。

現役東大生による最高峰のオンライン個別指導【スタディコーチ】

東大に合格するぞ!と決断したときは気持ちも高揚してなんだかワクワクするものですが、いざ勉強をはじめてみるとまず突き当たるのが「何から手を付けたらいいの?」ということ。

やみくもに勉強を開始しても

・結果が表れてこないと不安になる
・まったく成績があがらない
・気づけば大した結果も出ず1年がすぎる

などになりがち

大学生

せっかく、「めざせ東大!」と決めたものの誰でもはじめの3日はやる気があるのでがむしゃらにでも勉強はできますが、3日、1週間、1ヵ月、と立っていくうちに手ごたえもなく、結果も出ない場合は不安になります。

不安なまま続けても、同じことの繰り返しでどれだけやっても結果がでない・・・気づけば浪人決定。

そんなことになる前に、こちらの現役東大生によるオンライン個別指導【スタディコーチ】が、迷うことなく確実に実力を積み上げたい、そんな慎重派のあなたをオンラインで効率的にサポートします。

>>現役東大生による個別指導はこちら
今、毎月先着25名限定で無料体験可能!!