私自身はダラダラと長い時間勉強をしないという事と短い言葉でわかりやすく説明をうける事です。

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。

子供3

中学2年の終わり 国語


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

自分でテスト範囲を勉強してもいざ本番になって解答してテスト用紙が、かえってくると赤点でした。
テスト範囲の所はやったつもりだったのか自分でもテストをやっていくうちによくわからなくなりました。
勉強方法をかえようとしてもどのように勉強していいか悩みました。
時間を短縮してみたり、暗記をしたり、勉強する場所を自宅だといつもの部屋ではなくリビングだとか自宅ではなく図書館とかでも勉強してみましたがあまり点数にはかわりはなかったです。

勉強ができるようになったきっかけ

勉強ができるようになったきっかけは塾に行き始めたからです。
一度、塾には行っていたけど成績が上がらなくて辞めてしまいました。
自分にはあまりあっていなかったのだと思いました。
自分で勉強してみたらどんどん成績が落ちてしまいました。
近所の人から聞いていた塾が評判がよくて入れないだろうとあきらめていたんですがネットでホームページを見たら、ちょうど募集をしていたのですぐに電話をしました。
募集人数もギリギリで入れました。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

勉強ができるようになってからは点数が下がることはなく、少しずつですが点数がとれるようになって心の中のモヤモヤとした霧がどんどんとれていきました。
点数がとれるようになってからは自信もついてきて勉強への取り組む気持ちが、以前より前向きになりました。
自分の心境が一番かわったかと思います。
その次に、姿勢もかわったかと思います。
前は猫背だったり寄りかかったりしていたと思うのですが点数が取れるようになってからは取り組む姿勢も背筋を伸ばすようにしています。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

人によって勉強の仕方が違うと思います。
自分で勉強ができる人もいれば場所をかえて気持ちがかわる人もいるし、塾に通ったり家庭教師に教えてもらったりやり方はいろいろとあると思います。
自分にはどの方法が合うのかは自分でもよくわからなくて親や周りの人たちに相談して自分にあった勉強方法を探していければと思います。

現役東大生による最高峰のオンライン個別指導【スタディコーチ】

東大に合格するぞ!と決断したときは気持ちも高揚してなんだかワクワクするものですが、いざ勉強をはじめてみるとまず突き当たるのが「何から手を付けたらいいの?」ということ。

やみくもに勉強を開始しても

・結果が表れてこないと不安になる
・まったく成績があがらない
・気づけば大した結果も出ず1年がすぎる

などになりがち

大学生

せっかく、「めざせ東大!」と決めたものの誰でもはじめの3日はやる気があるのでがむしゃらにでも勉強はできますが、3日、1週間、1ヵ月、と立っていくうちに手ごたえもなく、結果も出ない場合は不安になります。

不安なまま続けても、同じことの繰り返しでどれだけやっても結果がでない・・・気づけば浪人決定。

そんなことになる前に、こちらの現役東大生によるオンライン個別指導【スタディコーチ】が、迷うことなく確実に実力を積み上げたい、そんな慎重派のあなたをオンラインで効率的にサポートします。

>>現役東大生による個別指導はこちら
今、毎月先着25名限定で無料体験可能!!