学習教室の先生やお友達の力をかりた他力本願法です。

子供1

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。
小学校1年生、算数


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

自宅で幼児向け学習本を買って独学での学習と、有名通信教育に申し込み教材を使って自宅学習をしていました。
どちらも買ってきた直後、教材が届いた直後にはやる気があり、積極的に取り組む事ができました。
しかし、時間が経つにつれてその意欲は低下し、学習本や教材を最後までやり抜くやる気の維持が出来てきませんでした。
学習が終了したらご褒美を上げる、たくさんの誉め言葉を言うなどの工夫を行いましたが、根本的な解決にはならずに困っていました。

勉強ができるようになったきっかけ

幼稚園で仲の良かったお友達が通っていた有名学習教室に一緒に通う事にしました。
週に二回の通学と毎日自宅での宿題をするというスタイルの学習教室でした。
はじめの内から教室での学習は、お友達も一緒にいるので楽しみながら集中して学習出来ていました。
しかし、自宅での宿題は集中力が続かずに時間をかけて取り組んでしました。
しかし、継続は力なりとはよく言った物です。
毎日宿題に取り組むうちに、親がなにも言わずとも自主的に宿題に取り組めるようになりました。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

自分で計画的に取り組む自主性と、集中力が身に付きました。
今では私が今日の分の宿題が終わったのかを言わなくても、既に終わっている事もあります。
宿題の前にはテレビも自分で消して、宿題の最中も黙って真剣な顔つきで取り組んでします。
きっとうまく集中できているのだと思います。
また、いつ学習教室に行く日だからいつまでに宿題を終わらせる必要があるのか、今週はお友達と遊ぶ予定があるから早めに宿題に取り組もうなど先を見通す力が付きました。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

親がいくら学習をしなさいと言っても、どんなに素敵なご褒美を用意しても、子供はその時の気分によっていう事を聞いてくれないものです。
そんな時は自分の力だけで解決しようとしないというのも一つの手だと思います。
助けを求めるのは誰でもいいと思います。
私の場合はが学習教室と子供のお友達でしたが、近く住んでいる親族や学校の先生でもいいです。
とにかく人の力も借りてみるのが大切だと思います。

現役東大生による最高峰のオンライン個別指導【スタディコーチ】

東大に合格するぞ!と決断したときは気持ちも高揚してなんだかワクワクするものですが、いざ勉強をはじめてみるとまず突き当たるのが「何から手を付けたらいいの?」ということ。

やみくもに勉強を開始しても

・結果が表れてこないと不安になる
・まったく成績があがらない
・気づけば大した結果も出ず1年がすぎる

などになりがち

大学生

せっかく、「めざせ東大!」と決めたものの誰でもはじめの3日はやる気があるのでがむしゃらにでも勉強はできますが、3日、1週間、1ヵ月、と立っていくうちに手ごたえもなく、結果も出ない場合は不安になります。

不安なまま続けても、同じことの繰り返しでどれだけやっても結果がでない・・・気づけば浪人決定。

そんなことになる前に、こちらの現役東大生によるオンライン個別指導【スタディコーチ】が、迷うことなく確実に実力を積み上げたい、そんな慎重派のあなたをオンラインで効率的にサポートします。

>>現役東大生による個別指導はこちら
今、毎月先着25名限定で無料体験可能!!