コツコツがんばる!

子供3

わたしが勉強をできるようになった時期と得意になった科目は次の通り。
娘は小学5年生のときです。
算数が得意になりました。


勉強ができる前に悩んでいたことはこんなこと

勉強をする習慣がなかなか身に付かないでいました。
毎日の学校の宿題もダラダラ時間をかけてやっていて、一問やっては休むを繰り返していて効率が悪かったです。

夕飯を食べてから今日の宿題をするだけで、もう寝る時間になってしまいます。
本人も残念そうですが仕方がなしです。
言っても言ってもダメなので悩みました。

注意してもだめで、褒めてもだめだったので、一体どうしたらいいのか担任の先生や他のママ友に相談したりもしていました。

勉強ができるようになったきっかけ

進研ゼミを始めたことからよくなりました。

紙と鉛筆の学校式の勉強ではなく、専用のパッドでやることもやる気に繋がったようでした。
あとは、そのやったことや学んだことがグラフになって現れたり、ご褒美賞などもあり、日々のやる気になり毎日コツコツやっていました。

そんなことを繰り返していくうちに、宿題に対しても早く効率よく済ませられるようになりました。
学校の授業もしっかり理解できたことも自信につながったのだと思います。

勉強ができるようになって、こんなふうに変わりました

勉強だけでなく何に対しても集中力がつきました。
すこし点数が悪くても何が悪かったかを考えることもできるようになったのは自分の娘ながら素晴らしいと思いました。

勉強ができる子と周りにも認められはじめたので、そのプライドを崩さないよう自分自身も頑張っているように見えます。

授業態度も良くなったようです。
進研ゼミも毎日しっかりこなせるようになったり、テストの点数も良いです。

モチベーションを持ち続けられるようになりました。

今勉強で悩んでいる方にアドバイスするなら・・・

毎日の宿題だけでなく、あえてプラスアルファでなにかやってみると勉強が楽しくなったり自分自身の得意分野に気づくこともあると思います。

今日はどのくらいできた、どのくらいできるようになったなどの結果をグラフや表にしたりすると目に見えて頑張りが見えるので良いと思いました。

できないことに目を向けるよりできたこと頑張ったことに目を向けるといいとおもいました。

現役東大生による最高峰のオンライン個別指導【スタディコーチ】

東大に合格するぞ!と決断したときは気持ちも高揚してなんだかワクワクするものですが、いざ勉強をはじめてみるとまず突き当たるのが「何から手を付けたらいいの?」ということ。

やみくもに勉強を開始しても

・結果が表れてこないと不安になる
・まったく成績があがらない
・気づけば大した結果も出ず1年がすぎる

などになりがち

大学生

せっかく、「めざせ東大!」と決めたものの誰でもはじめの3日はやる気があるのでがむしゃらにでも勉強はできますが、3日、1週間、1ヵ月、と立っていくうちに手ごたえもなく、結果も出ない場合は不安になります。

不安なまま続けても、同じことの繰り返しでどれだけやっても結果がでない・・・気づけば浪人決定。

そんなことになる前に、こちらの現役東大生によるオンライン個別指導【スタディコーチ】が、迷うことなく確実に実力を積み上げたい、そんな慎重派のあなたをオンラインで効率的にサポートします。

>>現役東大生による個別指導はこちら
今、毎月先着25名限定で無料体験可能!!